緋が走る 緋が走る | 体験版|ビューン読み放題マンション

⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

緋が走る(9)

和食の帝王・古屋七四郎(ふるや・しちしろう)の作品に器を作る課題を与えられた美咲は、最高の味だ...

和食の帝王・古屋七四郎(ふるや・しちしろう)の作品に器を作る課題を与えられた美咲は、最高の味だと感じたお味噌汁の器を作ることになった。そこで軽くて熱さを感じず「美味しさ」を引き立てる作品を作った美咲は、初めて使うジェット窯に緋につながる何かがあるかもしれないと感じる。そしてジェット窯で思った通りの器に仕上げた美咲は、霧島(きりしま)の大胆かつ自由な発想の器と勝負になり・・。

シリーズ

青年マンガのおすすめ

TOP