名前も呼ばないあのひとと 名前も呼ばないあのひとと | 体験版|ビューン読み放題マンション

⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

名前も呼ばないあのひとと(3)

えいじから呼び出された。「話したいことがある」って、なんだろう?でもちょうど良かった。私も聞い...

えいじから呼び出された。「話したいことがある」って、なんだろう?でもちょうど良かった。私も聞いて欲しいことがあった。そうたといくみのこと…。飲みながら先にその話をしていたら、えいじの様子がおかしい。どんどん悪酔いしていく。その上、その話を聞いたので自分の話はもういいと…なんで?そうこうしている内にえいじは酔い潰れ、終電もなくなってしまった。致し方なく自宅に連れ帰ったが、不可抗力で押し倒されてしまう。ちょっと待って…。この状況は想定していなかった。

シリーズ

女性マンガのおすすめ

TOP