⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

Octane
33号

出版社
SHIRO
ジャンル
娯楽・トレンド・趣味・車
配信期間
2022/03/29まで

目次

表紙
AD
目次
紳士の競走馬
アルプスを一気に越えて。
BはベストのB
Modern restoration
シンガー・ヴィークル・デザインが日本でも正規で注文できるように
アートと建築を巡るハイ・モードなドライブ
INSTAGRAM DRIVE
Colors of Maserati
ジャンニ・ブルガリ
31年間を、居間で過ごしたトヨタ2000GT
永遠のフェラーリ
日本におけるラグジュアリー輸入車の礎を築いた英国人
ハンドルを握っても、リアシートに身を沈めても
EURO PORT COLLECTION Vol.18
フェラーリを愛するオーナーを応援し続けるために。
シェルビー正規販売店としての誇り
リシャール・ミル レーシングチームの新たな挑戦
コーチビルダーが手掛ける"ハイパーウォッチ"の世界
時計にもある、奥深い世界
「日本の船文化の拠点を作りたいと思っています」
相関関係から楽しむ"照明"× "椅子"
アラビアのロレンスが愛した宝石のようなオートバイ
アニバーサリーイヤーを祝ってランボルギーニが集う
あの「輝き」をもう一度
パガーニ・ウアイラ・ロードスターBCが日本初上陸!
国内で開催される春夏のイベント
MMM 革新するエンジニア アレックス・モールトン
AUTOMOBILIA 第25回
笑顔で創る愛車のシアワセ 神戸、横浜、東京。 スタークラフト
「代官山 蔦屋書店」が薦める"今読んでおきたい"車の本
Octane information
Octane Auction Result
Octane Market
AD「代官山蔦屋書店」が薦める “今読んでおきたい”車の本
定期購読
奥付
裏表紙
背表紙

目次を表示

出版社
SHIRO
ジャンル
娯楽・トレンド・趣味・車
配信期間
2022/03/29まで

目次

表紙
AD
目次
紳士の競走馬
アルプスを一気に越えて。
BはベストのB
Modern restoration
シンガー・ヴィークル・デザインが日本でも正規で注文できるように
アートと建築を巡るハイ・モードなドライブ
INSTAGRAM DRIVE
Colors of Maserati
ジャンニ・ブルガリ
31年間を、居間で過ごしたトヨタ2000GT
永遠のフェラーリ
日本におけるラグジュアリー輸入車の礎を築いた英国人
ハンドルを握っても、リアシートに身を沈めても
EURO PORT COLLECTION Vol.18
フェラーリを愛するオーナーを応援し続けるために。
シェルビー正規販売店としての誇り
リシャール・ミル レーシングチームの新たな挑戦
コーチビルダーが手掛ける"ハイパーウォッチ"の世界
時計にもある、奥深い世界
「日本の船文化の拠点を作りたいと思っています」
相関関係から楽しむ"照明"× "椅子"
アラビアのロレンスが愛した宝石のようなオートバイ
アニバーサリーイヤーを祝ってランボルギーニが集う
あの「輝き」をもう一度
パガーニ・ウアイラ・ロードスターBCが日本初上陸!
国内で開催される春夏のイベント
MMM 革新するエンジニア アレックス・モールトン
AUTOMOBILIA 第25回
笑顔で創る愛車のシアワセ 神戸、横浜、東京。 スタークラフト
「代官山 蔦屋書店」が薦める"今読んでおきたい"車の本
Octane information
Octane Auction Result
Octane Market
AD「代官山蔦屋書店」が薦める “今読んでおきたい”車の本
定期購読
奥付
裏表紙
背表紙

目次を表示

バックナンバー


雑誌説明

Octaneは、2003年に英国で創刊された「英国で一番新しい“旧い”クルマの雑誌」です。彼らの造り出す、従来の雑誌の型にはまらない、大胆かつ繊細な構成、ロードムービーのようなヴィジュアルは、瞬く間に英国のエンスージァスト(=マニアックでハイエンドなクルマ好き)をも取り込み、いまや英国で一番売れているヴィンテージ&パフォーマンスカー雑誌となりました。そして、その世界一美しく面白いと評される誌面は、国境を越えて広がりを見せ、2012年春からフランス語版、イタリア語版の出版も始まるなど、ワールドワイドな展開が始まっており、日本語版の発行はその一環として位置づけられています。 昨今の日本は若者のクルマ離れや環境問題など、自動車社 会の変化が囁かれていますが、一方で世界有数の自動車大国であり、アジアにおいて最も成熟した自動車文化の素地をもつ国でもあります。 いまや個人が所有する“走行可能なF1 ”は 20 台以上を数えるなど、世界でも屈指の質を誇るコレクターが日本各地に存在し、究極の自動車趣味といえるヴィンテージカーの世界は、バブル期よりもさらに深化しています。そう、今の日本には様々なモノを味わい尽くしてきた趣味人たちが、アガリ(=集大成)としてヴィンテージカーを楽しむ......というトレンドが 確かに存在するのです。 そんな彼らの興味の対象はクルマだけにとどまらず、ガレージ、自転車、カメラ、時計、ファッションなど、際限なく広がりをみせるのが特徴です。しかし、今の日本には、彼らのニーズにマッチする上質な自動車雑誌は残念ながら存在しません。自動車文化先進国である英国発のOctaneこそが、そんな彼らの欲求を満たす唯一の媒体として機能するのです。


雑誌一覧

TOP